人からの反応が欲しい時ってありませんか?

例えば,頑張って晩御飯を作った,洗濯物を干した,仕事を頑張ってきた,など。

でも,家族の誰も関心を持ってくれない・・・

本当は『ありがとう』の一言くらい欲しいのに・・・

そういう時,『頑張ったぞ!』と自分から主張してもいいんですよ。遠慮なく,自分から相手の反応を求めてくださいね。

人は人との交流が不可欠な生き物です。

いくら話好きの人でも,能面みたいな無反応の人に1時間喋り続けろと言われたら,かなりの苦痛でしょう。多少なりともウンウンと頷いてくれたり,質問を返してくれたりするから話せるのです。

当たり前の事をしたくらいで人に反応を求めるなんて・・・ とは思わないでくださいね。

ただしSNSなどで,あまりに賞賛を求めたりするのはオススメできません。あからさまでなくとも,密かに自慢したいケースも含まれます。私たちは誰しも,認められたい,すごいと思われたいという根源的な欲求を持っていますが,やりすぎると単に『嫌な奴』です。『やりすぎ』でなく,時々くらいなら,気持ちの良い反応もあることでしょう。

でも,家族など身近な人の中にいるときくらい,積極的に反応を求めて下さい。そして,求められた方は,何事も当たり前だとは思わないことが大切です。自分の身の周り,誰かの頑張りがあるから自分が居られることを忘れてはなりません。

騙されたと思ってしてみてください,効果ありますよ。

我が家では毎日やっています。

例えば,私が食器洗いをした後,妻にかならず『洗い終わったぞ』アピールをしています。

そして妻からは『洗濯物を干し終わったぞ』アピールが来たりします。

互いに異なる役割を持ち,支え合うことは安定した夫婦関係にとって大切な要素です。

そんな効果もありますよ。