宇都宮の自己肯定感アップ心理カウンセリング。うつ病・休職経験のあるカウンセラーがあなたの自己肯定感を引き出します。アダルトチルドレン・生きづらさの解消に!

自己肯定感づくりには「心理カウンセリング」が有効

不登校,ひきこもり,うつ病,進学,就職,転職,子育て,人間関係(親子,友人,恋人,夫婦,家族,上司部下)など,人生には悩みのタネが尽きません。しかし「どっしりした自己肯定感」があれば,そのような悩みに振り回されることがグッと減ります。自己肯定感をブロックしている壁を取り払い,より自分らしく自然体で人生を歩んでみませんか?心理カウンセリングにはそのための手段がたくさんあります。

自己肯定感を阻むブロックとは?

自己肯定感を阻むブロックは,多くの場合「思い込み」「固定観念」「人生脚本」と呼ばれるものです。たとえばお母さんの場合「子供の世話を一生懸命しないと良い母親ではない」や,お父さんの場合「お金を稼がないと良い父親ではない」そしてお子さんの場合「勉強できないと人生は終わりだ」といったものです。こういったブロックは,私たちが成長する過程で,両親から取り入れたものがほとんどです。だからといって親が悪いわけでありません。私たちは皆,多かれ少なかれこういったブロックを持っています。ある年齢まではポジティブに作用する側面がある一方,それ以降は自分を苦しめる原因となることの方が多くなってきます。年齢を重ねるほど,家庭や社会からの期待が大きくなり,それに応えるのが難しくなってくるからです。つまり「非現実的」「非合理的」なのです。さらにブロックは,その存在に気付きにくいという特徴もあります。これらは「心の無意識層」に潜んでいるため,私たちは気付くことなく,これらのブロックに基づいて「考え」「感じ」「行動」してしまうのです。その結果,さまざまな場面で「アダルトチルドレン」など,生きづらさとなって顕れてくるのです。心理カウンセリングでは,心に潜むブロックを見つけ出し,それを緩める,あるいは現実的なものに書き換える作業を行っていきます。メンタルメイトに限らず,多くの心理カウンセリングでは,このような流れでセッションが進行していきます。

最近のブログ

第 37 回 コラボモール交流会(10/17)

今月のコラボモール交流会は,かなりディープな話題で盛り上がりました。 テーマはお越しになった方や,その場の雰囲 …

不登校・ひきこもりの子をもつ親の交流場所「第 61 回 ほんわかテラス」

いつでも帰ってきて下さい 本日のほんわかテラスは関係者だけでした(計2名)。 朝は冷え込んだけれど,徐々に暖か …

笑いヨガ@高根沢町(10/10)

今月の高根沢町中央図書館での笑いヨガは,新規の方がたくさんお見えになりました。 なかには90歳という方も! 笑 …

不登校・ひきこもりの子をもつ親の交流場所「第 60 回 ほんわかテラス」

実際に不登校・ひきこもりであることにはこだわりません 本日のほんわかテラスは関係者だけ(2名)となりました。 …

心理カウンセラー仲間4人でリレー講座を開催しました@宇都宮市男女共同参画推進センター

本日は宇都宮市が主催の下記講座にて,私を含む心理カウンセラー4人で講師を務めて参りました。 「誰もが幸せに生き …

PAGETOP