宇都宮の自己肯定感アップ心理カウンセリング。うつ病・休職経験のあるカウンセラーがあなたの自己肯定感を引き出します

自己肯定感づくりには「心理カウンセリング」が有効

不登校,ひきこもり,うつ病,進学,就職,転職,子育て,人間関係(親子,友人,恋人,夫婦,家族,上司部下)など,人生には悩みのタネが尽きません。しかし「どっしりした自己肯定感」があれば,そのような悩みに振り回されることがグッと減ります。自己肯定感は人により定義が異なります。私の場合は「自分の力を信じること」です。どんな状況であれ,自分を信じることができれば,一歩一歩着実に前進することができます。だからといって常に自分を信じることができなくてはならないわけではありません。時には信じることができなくても良いのです。そんな矛盾や葛藤を抱えている自分を知ることが,ひいては自分を信じることに繋がっていきます。心理カウンセリングとは,究極的には自分を知る場なのです。私たちはあまりにも自分の事を知りません。なぜなら人の感情,思考,行動の多くは無意識的に行われているからです。私たちを無意識で操っている「心のクセ」は,日頃から自分自身を客観的に観察したり,カウンセラーなど他人の意見を聴くことで少しずつ見えてきます。

心のクセとは?

ここで言う心のクセは,専門的(心理学的)には「自動思考」「思い込み」「固定観念」「人生脚本」などと呼ばれるものです。たとえばお母さんの場合「子供の世話を一生懸命しないと良い母親ではない」や,お父さんの場合「お金を稼がないと良い父親ではない」そしてお子さんの場合「勉強できないと人生は終わりだ」といったものです。こういったクセは,私たちが成長する過程で,両親から取り入れたものがほとんどです。だからといって親が悪いわけでありません。私たちは皆,多かれ少なかれこういったクセを持っています。ある年齢まではポジティブに作用する側面がある一方,それ以降は自分を苦しめる原因となることの方が多くなってきます。年齢を重ねるほど,周囲の環境がダイナミックに変化し,クセに従って生きることが難しくなってくるからです。たとえば,小学生の時に成績優秀だった子どもが,いつまでも優秀で,一流大学に合格するのが当たり前かと言えば,そうではないのが普通です。しかし本人は「成績はこうあるべき」と無意識で思っているのです。つまり心のクセはだんだんと「非現実的」「非合理的」になってくるわけです。先に述べたように,心のクセはその存在に気付きにくいという特徴もあります。これらは「心の無意識層」に潜んでいるため,私たちは気付くことなく,これらのクセに基づいて「感じ」「考え」「行動」してしまうのです。その結果,さまざまな場面で「アダルトチルドレン」など,生きづらさとなって顕れてくるのです。心理カウンセリングでは,心に潜むクセを見つけ出し,それを緩める,あるいは現実的なものに書き換える作業を行っていきます。メンタルメイトに限らず,多くの心理カウンセリングでは,このような流れでセッションが進行していきます。

最近のブログ

ゲームでココロを鍛える

ゲームだからといって甘くはない プレイステーションや NINTENDO Switch に代表される,いわゆるゲームは,意識していればココロを鍛える道具にもなりそうです。実は今年の年始に NINTENDO Switch を …

ひきこもりを脱するために仕事をする

  「ひきこもりを脱するために仕事をする」 これは私が実感していることの1つです。 どうしても不可能な理由がない限り,外に出て,できれば労働をすることが,ひきこもりを脱する有効な手段になります。人は何かに打ち込 …

不登校・ひきこもりの子をもつ親の交流場所「第 75 回 ほんわかテラス」

本日は関係者だけの集まりとなりました。 今の時期は,進学や進級などの合間で,比較的落ち着いている時期です。 おそらくこのような状況が4月下旬くらいまで続き,ゴールデンウィーク明けるころから,参加者がポツポツと増えてくるの …

不登校・ひきこもりの子をもつ親の交流場所「第 74 回 ほんわかテラス」

今週のほんわかテラスは来客を含め4名での開催となりました。 嬉しいことに新たなサポーター(とお呼びして良いのかな?!)が増えました! 真ん中の女性の方ですが,ご自身も子育てをしているだけでなく,子どもに関わるお仕事もされ …

笑いヨガ@高根沢町(2/13)

今月の笑いヨガは,常連さん2名がお越しになりました。 図書館の方によれば,直前にキャンセルが相次いだらしく,人数が少なくなったとのことです。 人数の多い方が笑いの効果を存分に享受できますが,少ないならそれなりにリラクゼー …

PAGETOP