最近の世の中の風潮として「困った時には人に頼れ」というものがあります。

人に頼ることができるのは,生きていく上で大切な能力です。

是非身につけておきたいものです。

逆に人から頼りにされることだってあります。

人間社会はそういう関係で成り立っていると思います。

 

しかし人に頼ることが当然になってしまうのは避けたいものです。

これは誰のためでもありません。

自分のためです。

「頼ることが当然」は甘えそのものです。

他人は自分(私)のために生きているわけではありません。

家族であってもそうです。

逆に私(自分)も他人のために生きているわけではありません。

親子や夫婦など,社会的な関係性はあっても,本質は「ひとりの人間」なのです。

相手をひとりの人間として尊重することが,自分を守ることにも繋がります

私たちは,家族など近しい間柄ほど,無意識のうちに相手に期待や依存を持ってしまいがちです。

しかし人は,他人のために生きているわけではないので,どこかで必ず期待を裏切られます。

そのたびに強いストレスを感じ悩むわけです。

逆に相手を,ひとりの人間として見ることができれば,自ずと悩みは減っていきます。

決して簡単ではありません。

私自身も一生をかけて学んでいるところです。

でも,日々の小さな前進を感じるたび,自分が楽になっています。

それが嬉しいのです。

最後に,自分が人に甘えているかどうかを知るバロメーターを一つ。

それは「人に感謝できているか?」ということです。

頼ることがあるのは仕方ありません。

そこに感謝の気持ちを持つことができるか否かが,甘えとの境界線ではないかと思います。