子どもが大人に期待するもの

訳あって,超有名カードゲームである「UNO」を買いました。

私があるところで関わっている中学生たちは,休み時間になるとUNOをよくやっています。

その輪に交じりたいというのが購入理由です。

実はUNOのルールを知らないのです(汗)

とはいえやるなら本気でやりたいし,負けたくないというオッサンの意地もあるため,しっかり覚えて彼らに勝負を挑もうと思っているんです。

実際,頭の柔らかい彼らの方が圧倒的に強く,私が本気を出したところで,そう簡単に勝てないでしょう。

ちなみにUNOはそこそこ面白そうだと思います。

私は基本的に自分も楽しめそうなことしかやりません。

自分も楽しみつつ,本気で子どもたちと向き合えそうだから,UNOをやってみようと思ったんです。

子どもは「大人が楽しんでやっているか?」「本気でやっているか?」をいとも簡単に見抜きます。

「相手してやっているんだよ」という思いで取り組んでいたら,それはきっと伝わります。

そんな大人に子どもは心を開かないものです。

ところで先日,子どもたちと公園で遊んでいて,ついつい本気になり,怪我をしてしまいました・・・

日頃運動していないオッサンにとって,本気の運動は危険です(笑)

運動なら怪我もあり得ますが,UNOのような頭脳勝負なら,安心して本気を出せるはずです。

ということで来週,例の中学生に会うのが楽しみです!