私たちは日々成長しています。

時間の経過と共に,肉体はピークを過ぎると衰えはじめますが,精神は成長し続けます。

とはいえ,目に見えない「精神」は変化が分かりづらいものです。

1週間前,1ヶ月前,1年前と比べ,成長を感じられないばかりに,私たちは落胆し「自分はダメなやつだ」と思ってしまいがちです。

当たり前に思っていると記憶に残らない

違いを感じられない最大の原因は「忘れている」ことです。

普段の生活の中にも「楽しかったこと」「嬉しかったこと」など,良いことは,必ず1つはあります。それを覚えていないから,何も変わっていないと感じるのです。そして覚えていられないのは「うまくいって当たり前」だと無意識に思っているからです。しかし,うまくいくべくして成功しても,そこには感動がなく,何も心に刻まれません。すーっと過去に流れていくだけです。

今,私たちは便利で豊かな生活をしています。

お金を払えば大抵のことはできてしまうし,それが当然と期待しています。

中でも,甘えの強い人は「誰かに世話をしてもらう」「自分の期待通りに周りが動く」ことが当たり前だと思っています。

つい否定したくなりますが,言動をみている第三者にはわかるものです。

決して他人事ではありません。

私たちは誰しも,置かれた環境に流されやすいという「甘えの傾向」を持っています。

ノートをつける習慣を

だからこそ,今一度「当たり前」を見直したいものです。

耳が痛いのですが,何事も当たり前ではありません。

気付く努力が必要です。

その気づきを忘れないために「その日良かったことをノートにつける」のです。

最低3つは書き留めましょう。

どんな小さな事でもいいのです。

ノートは持ち運び,スマホのメモアプリではなく手書きをお勧めします。

1週間続けるだけでも,確実に成長していることを感じられますよ。

えっ?「良かったことと成長は違う」って?

そんなことありません。

どんな出来事にも,良かったというラベリングをできる事がココロの成長なのです。

大人も子どももできる内容です。

是非,ノート1冊使い切るくらいは続けてみて下さい。

私も日々実践中です(^_^)