日本では,転職回数が多いと,『根性がない』,『メンタルが弱い』,『わがまま』など,事実がどうか分からないのに,そういった先入観をもたれがちです。普通の人付き合いなら問題なくても,企業の採用となると,途端にそのようなイメージをもたれるようです。だからといって,それらがあなたの本当の姿ではないですよね。では,まだあなたも気付いていないかも知れない,あなたのセールスポイントを探してみましょう。

■視野が広い

勉強の良くできる人は,調査が得意です。業界研究や企業研究を熱心にします。しかし,いくら調査しても,現場の空気感には及ばないものです。おそらく机上の調査で1年を費やすよりも,1ヶ月現場で働いた方が,得られる情報が多いでしょう。たとえば,半年で3社を経験したのなら,おそらく,優秀な学生が1年以上費やしてする業界研究や企業研究の情報よりも多くのことが分かっていることでしょう。これは大きなアドバンテージです。しかし,必ずしも机上の調査が不要なのではありません。客観的なデータと現場感を突き合わせることで,より濃度の高い情報となります。この両輪が必要なのです。

■信頼できる人

転職回数が多い人のもう1つのアドバンテージは,たくさんの挫折を知っていることです。転職をポジティブな理由で行う人もいますが,人間関係の問題や仕事の質・量のミスマッチなど,ネガティブな理由でする人もいます。一般的には,こういったネガティブな理由の転職は,次の採用時にマイナスポイントとなります。しかし,言い換えると,それだけ挫折を多く知っていることの裏返しです。経験者なら分かると思いますが,『退職』と『求職活動』,これは結構パワーの要ることです。そのような大変な労力を費やしてまで転職を行ってきたわけです。そんなたくさんの挫折経験を持っている人は,人として魅力があり,信頼できる人だと思いませんか。

■是非アピール材料に

今まで説明してきたような内容を参考に,あなたの転職回数を是非アピールポイントにしてみて下さい。ネガティブな理由の転職だからといって,中途半端に隠そうとすると,あなたの良い面まで伝わらなくなってしまいます

ここで1つ注意点。すべての業界や企業,そして職種において,転職回数がアピールになるとは限りません。ここは大切なのでよく考えてみて下さいね。どのような業界,そして職種なら,あなたのような人が欲しいでしょうか?そこをターゲットにしてみることをお勧めします。きっとあります。そして,自分が求められている職場で,自分の力が発揮できる喜びを是非掴み取って下さい。