子どもの遊ぶ環境は変わった

今週はサポーターと2人でのほんわかテラスでした。

子どもたち,特に小学生の遊ぶ環境が,昔と随分と変わってきたという話をしてました。

私の小学生の頃(35年ほど前)は,何をして遊ぶか? どれだけ遊ぶか?は,自分で決めることができました。

お金はお小遣いの100円しかないけど,やることを「選ぶ自由」と「時間」はたっぷりあったんです。

親の知らないところで,良いことも悪いこともたくさんしました。

もちろん越えてはならない一線は意識していたつもりです。

そのような経験が,結果的に今の私にどう役立っているかはわかりません。

しかし少なくとも,自分の意思が妨げられることは少なかったと思います。

大人は何ができるか?

一方今の子どもたちは,仕方の無いことだけれど,遊ぶ環境を自分たちで作る・選ぶ自由度が少ないように見えます。

たとえば登下校の寄り道が禁止されていたり,そもそも車による送迎だったりします。

しかしそれは,いろいろと事情あってのことです。

一概に否定できるものではありません。

だからこそ「そういうことを前提として,私たち大人に何ができるか?」を考える必要があります。

「昔が良かった」という単純な話ではありません。

実際,エビデンスと共に私は説明できません。

ただ少なくとも,子どもの自主的な意思を尊重できる環境は大切だと感じています。

心理カウンセラーとして,大人として,できることを少しずつ実践していきたいです。

(余談)本日も車歴50年以上を誇る,サポーターさんのお車を見せて貰いました。先週とは違う車です(^_^)