自分と向き合うために交流分析はピッタリ

昨日,性格理論・コミュニケーション理論の王道として広く知られる,交流分析の入門講座(全4回中,1回目)を開催しました。

「構造分析」が昨日のメインテーマでしたが,皆さん多くの発見があったようで,終わった後,様々なご報告を頂きました。

カウンセリングのような対面セッションも大切ですが,自分自身と向き合う時間が最も長いのは,やはり自分です。

だからこそ,向き合うための道具は持っておきたいものです。

交流分析は,理論がシンプルでわかりやすいため,使うのが簡単で,使えば使うほどレベルアップできる特徴があります。

きっと,自分を見つめるための最高の相棒になってくれることでしょう。

「使える交流分析」

これを目標に,今後も皆さんと学びを深めていこうと思います。

 

会場をお貸し下さいました cucuru. のコトノハ美樹さんには,会場運営のサポートに止まらず,お祝いのお花までプレゼントして下さり,本当に感激しました! 

さて,次の第2回(6/5)もこちらで開催です(^_^)