良い報告をたくさん頂きました

ゴールデンウィーク明けのほんわかテラスは3名での開催となりました。

長期連休明けということもあり,少しソワソワもしていましたが,蓋を開けてみると,本日参加されていない方も含め,良いご報告が相次ぎました。

さて,今日は『親の子離れ』についての話が出てきました。

不登校やひきこもりについて考える際,必ず出てくるキーワードです。

たとえば,親御さんが不安に思い,お子さんはそっとしておいて欲しい,というものです。

親御さん,お子さん,それぞれが感じることについて,何も否定する必要はありません。

先ほどの例でいえば,お父さんお母さんが不安に感じること,お子さんが自分に任せて欲しいと思うこと,それぞれ正直な気持ちです。是非とも大切にして下さい。

それほど大切なものだからこそ,きっちりと話し合いたいものです。

うやむやにして何となく過ごすことも可能ですが,短期的にも長期的にも,心理的に良くありません。※この点は話すと長いので割愛します

伝え方を知っておく

とはいえ,どう伝えたらいいのか?について,分からない事が多いようです。

私がいつもお話ししているのは『I(アイ)メッセージ』です(私メッセージとも呼ばれます)。

非難がましくなく,素直に自分の気持ちを伝える話し方です。

Iメッセージというと,有名なので「ああ,あれね」というリアクションが多いのですが,現実に使うには多少の慣れが必要です(私自身そうでした)。Iメッセージを効果的に使うには,きちんと状況を整理する能力,自分の気持ちを感じる能力,それを自然に伝える能力が必要となります。どれが抜けても,伝わるメッセージにはなりません。

そんなわけで,余談ですが,いつかはこのような講座も作らなくちゃと思っています(笑)。

【次回】
5月15日(水) 10:00 ~ 12:00
さくら市喜連川社会福祉センター(さくら市喜連川社会福祉協議会)