今日は 3 名での開催となりました(写真は 2 名のみ)。お話をしていて,いつも感じるのは,不登校や引きこもりの親御さんは,毎日大変な葛藤を感じつつ,過ごしておられるのだということです。たとえば,私が当事者の方にお会いするのは週に 1 回,しかもほんの数時間かもしれませんが,親御さんは毎日です。切れ目がないわけですね。そのような日々を過ごしていると,

「ずっとこのままじゃ無いだろうか・・・」

と感じてしまうのは無理もありません。だからこそ,ほんわかテラスのような交流場所が大切なのだと思います。

このような声も聞きました。交流場所に行って,その日は

「よし! これからは子供をじっくり見守っていよう!」

と気持ちを新たにしても,少しの変化も感じ取れないお子さんを毎日見ていると,そんな決心も揺らいでくるというものです。本当にその通りだと思います。

「これだ!」と思っても,ちょっとしたことでグラッときてしまうものです。だって,不登校や引きこもりのお子さんへの対応に「正解はない」からです。「やっぱりこっちの方が良いんじゃないの?!」と思ってしまって当然なのです。

大切なのは,そんな不安や葛藤を溜め込まずに吐き出すことです。ほんわかテラス以外にも,たくさんの交流場所はあります。それぞれ特徴があり,雰囲気も違えば,得られるものも異なることでしょう。その中で自分に合った場所をみつけ,いくつか掛け持ちしながらでも参加して,ご自身(親御さん)の心を休めながら,お子さんと共に過ごしていくというのが,良いのではないかと思います。是非,そんな風に,ほんわかテラスもご活用頂ください。