本日で 20 回目のほんわかテラスです。

様々な方にお越し頂きましたが,振り返ってみると,出てくる話題にはある程度傾向のあることがわかりました。

不登校生徒の親御さんに関していえば,次のような話題が多かったように思います。

  • 出席日数について
  • スクールカウンセラー,スクールソーシャルワーカーの対応について
  • 進学先の選択肢について
  • 学校や教育委員会の対応について など

手前味噌になりますが,ほんわかテラスはこういった話題への対応力は優れています。

現在進行中の当事者を含め,様々な分野や立場のメンバーによって構成されているからです。

中にはオフレコ的なものもありますが,現場を知っている人たちからの貴重な情報に触れられます。場合によっては,必要な社会資源への橋渡し(人や窓口の紹介など)までして貰えます。

 

さいごに,行政には行政,学校には学校の得意分野があります。

そういう意味でほんわかテラスは,行政や学校など,他の社会資源ではカバーできないところを埋めるのが役割といえるでしょう。不登校生徒のサポートに「これさえやっとけば大丈夫!」といった方程式はありません。一人一人のケースに合わせて,必要な資源を上手に使い分けることが大切です。そんな情報交換もほんわかテラスではやっています。