不登校はチャンスでもある

不登校というとネガティブなイメージが先行しがちですが,それをきっかけに人として大きく成長するチャンスも秘めているのです。

不登校を乗り越えることで,子ども達は一回りも二回りも成長します。

これは間違いありません。

たとえばこういった点で成長します。

  • 自分を信じる力
  • 諦めない力
  • 人の痛みが分かる優しさ
  • 人に手を差し伸べる優しさ
  • 人の助けを借りる柔軟さ  などなど。

これらは,何にもつまずくことのない順風満帆な生活では決して得ることのできない「人間力」といえます。

ただ,こういった貴重な能力を身につけるには,きめ細かなサポートが必要になってきます。

学力向上と精神的成長の二兎を追う!

このたび一般社団法人スリーアクトさんが開校した人間力あっぷスクールにて,私がある講座を担当することになりました。

その名も『不登校でもあきらめない高校進学』。

子ども達が不登校を乗り越えられるようサポートすることが目的の講座です。

勉強の面では,生徒の実力にあった丁寧な指導はもちろんのこと,限られた時間で最大の成果を出せるようカリキュラムを組んで指導します。これにより,学校の授業を受けられないことによるハンディを最小限に抑えることができます。無理なく無駄なく指導するので,メキメキと実力をアップさせることができます。このメソッドの効果は他の講座で実証済みです。このようにして「僕(私)にもできる!」ということを体験してもらうことで,

  • 学問の楽しさ,を知り,
  • 努力して成果を出すことの喜び,を感じることができます。

さらに,心の面では,心理カウンセラーとして手厚いサポートを行う事で,

  • 精神的な成長,も実感できます。

学力向上と精神的成長は必ずしも無関係なものではなく,一方の成功がもう一方に好影響を及ぼします。勢いがつき始めるとしめたものです。相乗効果により子ども達は自ら成長していきます。

教室ならではのメリット

私自身,今現在も不登校や引きこもりのお子さんがいるご家庭を訪問し学習指導をしておりますが,こちらの講座には,家庭での指導とは異なるメリットがあります。

昼間に外出することによる生活リズムの確立

不登校になると,ゲームやスマホなどによる影響だけでなく,自宅で長時間過ごすことによる運動不足も相まって,生活リズムが乱れやすくなります。昼夜逆転してしまっているお子さんも珍しくありません。昼間に外出するということは,生活リズムを整えるうえでとても大切な習慣です。

人との関わり

人は色々な人と出会い,関わることによって成長します。教室はそのような場としてうってつけです。教室に行けば自分以外の不登校の生徒がいますので関わらざるを得ません。場合によっては,共同での作業や,他の生徒の指導役などをお願いすることもあります。人との関わりを通して成長してもらうためです。自分の成長が感じられる教室という場は,子ども達にとって貴重な居場所となります。安全な居場所があるから,人は安心して頑張ることができるのです。

このような安心できる場で,お子さんの成長しようとする力を発揮させてみませんか。

2018年9月よりプレ授業が始まり,10月より本格始動となります。

人間力あっぷスクール』にご興味がある方,是非,左記のリンク先よりお気軽にお問い合わせ下さい。