shindoi

仕事柄,精神疾患の方と話す機会もあるのですが,先日こんな話を聞きました。

前向き過ぎる話について行けないとのことです。

とても貴重な意見だと思います。

巷には,成功心理学,ポジティブシンキングなるものが溢れています。
しかし万人に響くものでもないようです。

きっと,人の『強い側面』だけにフォーカスされているからなのでしょう。
だから,やる気満々の人には,成功者?の『名言』が響きまくりです 😎 
それはそれで結構なことです。

yaruki

しかし,長い人生,誰だって困難な時期もあるものです。
もちろん,話をしくれた精神疾患の方達に限った話ではありません。

そういうときこそ,叱咤激励や講釈をするのではなく,共感が大切です。
カウンセラーなど,誰かに気持ちを吐露して共感を得ても構いませんが,
自分自身で共感してもいいのです。

『(自分は)仕事で成果が出せず不安なんだな』
『(自分は)上司との関係がマズく会社が嫌なんだな』
『(自分は)妻と楽しく会話できず結婚生活が心配なんだな』

是非,感じたことを優しくハグしてあげて下さい。
無理矢理受け取りを拒否すると,大きなストレスになり,
やがて心身がやられてしまいます。

まず共感した上で,具体的対策が必要なら,カウンセラーなど
プロへの相談などを別途考えたらよいのです。
もちろん共感のプロでもあるカウンセラーに話すのもいいですね。

自分のことが大好きでも良いのですよ。
何も克服する必要などありません。
そのままの自分で十分なのです。
そう思えることが心の成長でもあるのですから 😉