e49b2f1866574f717af605ae7d436161_s

うつ病などメンタル的に苦しいとき,その苦しさに拍車をかけるのが,経済的な問題ではないでしょうか。そんな苦しいときに心強い味方となる制度のお話をします。これを知っているのと知らないとでは,経済的には大違いです。もちろん気持ち的にも安心感が得られます。絶対に抑えておきましょう。精神保健福祉分野をカバーするカウンセラーならではの内容です。
※細かな点は簡素化して記載しています。また制度が変わっている場合もありますので,その点ご了承ください。

■1傷病手当金

これは絶対に忘れてはなりません。療養が必要な人が対象です。会社勤めの人であれば,各種健康保険に加入していますよね。その健康保険から支給されるものです。金額は標準報酬日額の 2/3 で,期間は最大1年半です。普通は会社の方から教えてくれると思います。担当部署は,会社の総務等,健康保険の手続を扱っているところです。仕事をしている場合,苦しさのあまり,退職という選択肢を考えがちですが,いったん休んで傷病手当金をもらいつつ,先のことを考えることも可能なのです。

■2自立支援医療(精神の通院に限る)

うつ病などで病院に通院していると,医療費も馬鹿にならないですよね。そういうときに味方になってくれるのがこの制度です。通常,医療費の自己負担は3割ですが,これが1割になります。傷病手当金は,会社の総務の方が教えてくれたりするのですが,この制度はそういう類いのものではありません。医師や病院の窓口の人でさえ,たぶんな~んにも教えてくれません。申請窓口は市町村です。通常は福祉を担当する課になります。そこで申請用紙を入手して,医師に診断書を書いてもらい提出します。認定まで最大で2ヶ月程度要すると思いますが待ちましょう。ちなみに,本制度の利用を申請する際,障害者手帳も同時に申請できます。これは任意なのですが,本人が気にならないのであれば(スティグマがないのであれば)申請することをお勧めします。オープンにするか否かは本人がその都度決めれば良いのです。

■3障害者手帳(精神障害者保健福祉手帳)

実は,精神障害者の手帳は,1級など重度でない限り,それほど優遇措置があるわけではありません。その辺は,身体障害者の手帳の方がはるかに手厚いようです。しかし,精神障害者手帳でも,大きな威力を発揮する場面があります。それは,雇用保険の給付日数についてです。様々な条件にもよりますが,通常の自己都合退職の場合と比較して,2倍程度の給付日数が適用されます。これは本人がハローワークに知らせないと適用してくれません。もちろんその際,手帳が必要です。たとえば,45 歳未満で1年以上被保険者であった場合, 300 日の給付日数になります。通常は最大でも 150 日ですので,日額 5000 円程度の給付とすると,合計 75 万円程度も支給額が違ってきます。このように手厚く扱ってくれるのも,手帳のお陰なのです。オープンにするか否かは,ご自身が適宜判断すれば良いので,持っておくだけでも無駄では無いと思います(当然審査はあります)。

その他の制度としては,生活保護制度,障害年金制度などがあります。これらの申請はかなりパワーの要ることです。障害年金となると,障害の程度がかなり重い人が対象になってきます。どちらの場合も,福祉事務所等にご相談なさった方がよいでしょう。