うつ病などになり休職してしまったら何をして過ごしたら良いのでしょうか?当事者なら,誰もが考えることでしょう。でも,復職にしても退職にしても,社会復帰を考えているならば,できればやっておきたいことがあります。ここでは休職初期を想定し,3つを厳選しました。

■1 休養

『なんだ そんなこと』かと思わないでください。しっかり休まなくてはならない状態があります。強い抑うつ状態で,動くこともままならない場合は,無理に動けば余計にストレスになり悪化します。ご家族がいらっしゃるなら,ちゃんと理解してもらい,休ませて貰いましょう。人によっては寝込む状態が数ヶ月は続きます。私も半年は続きました。このとき,心がけて欲しいことがあります。それは,就寝・起床時間を決めて,守ることです。昼寝はしても構いません。でも,朝起きる時間と夜寝る時間はきっちりと守りましょう。時間管理は,その後の全活動のベースとなります。是非,心がけてみてください。また,休養といっても本当に何もしないのではなく,ネットでも良いので,できれば情報収集はしましょう。復職,転職,独立,どれも限定せずに,『こういう生き方もありかな』と思えるものが見つかるのが理想です。もちろん,それに縛られず,単に動画などを見て楽しむのも良いでしょう。通常なら,休職中は,健康保険からの『傷病手当金』が支給されます。金額は標準報酬日額の2/3割程度で,期間は最大1年半です。働いていた頃の生活をそれほど変えずに,やっていけると思います。ゆっくりと休んでください。

■2 生活水準の見直し

休職すると,自分のために使える時間が急激に増えます。普段はあまり考えないようなことを考える時間に使ってみましょう。残念ながらというべきかどうかわからないのですが,休職した人の多くは退職という選択肢をとるようです。『良い転職先が見つかった』,『独立することにした』といったポジティブなものもあれば,逆に,『会社から退職を迫られた』,『病気が治らず退職するしかなかった』といった,ネガティブなものもあります。いずれにしても,現在の生活水準を見直してみることは,今後の人生に大きく役立ちます。休職した当初は,元の水準を維持しようと思ってしまいがちです。生活水準を下げるのが怖いからでしょう。しかし,よく考えてみてください。今,あなたは自分のために存分に時間が使えますよね。どうですか?こんなこと普通に働いていたらあり得たでしょうか?普通の会社員なら,なかなか難しいのではないでしょうか。もし,このような時間の使い方を大切にしたいなら,是非,生活水準を見直してみてください。世の中,お金を使わなくても,楽しいことはいくらでもあります。極論,独立すれば,仕事だって趣味に変わります。時間を自分の裁量で使えるということは,何物にも代えがたい資産です。他のものは,少しくらい削ってもいいのではないでしょうか。そうしているうちに『このくらいあれば十分かな』と思えるようになれば,その後の仕事の選択肢が大きく増えます。『最低限の生活ができるのであれば,お金じゃない』と私は思っています。

■3 今あるものへの感謝

これは,先ほどの生活水準の見直しと似ています。今のあなたは,今日食べるものもないような状態でしょうか?おそらく,今日食べるものはあって,着る服もあれば,雨風をしのげる住居だってある。インターネットさえできる。これだけではありません。休職生活をサポートしてくれているご家族がいらっしゃるかもしれません。今あるものに,心から感謝してください。何事も,あって当たり前の存在ではないのです。私たちは,手に入れたものを当たり前の存在のように考えがちです。それだけ,周囲の環境が『前へ,もっと前へ』と迫っているのだと思います。休職は,いったん立ち止まり,足下を見直す良い機会になります。特に,ご家族などサポートして貰っている人は,その方達に毎日心から感謝するようにしてください。ちゃんと言葉で伝えて下さいね。心から『ありがとう』それでいいです。自分をサポートしてくれる人に心から感謝の気持ちを抱けば,あなたが元気になったとき,何をすべきかも自ずと見えてくると思います。あなたは,既に,たくさんの資産があり,幸せ者なのです。その実感を持って下さい。

 

今回ご紹介した3つは,その後の生活,人生を大きく左右する大切なものです。私は,これら大人として当たり前のようなことさえできていなかったので,休職した当初はかなり苦しみました。『もっとお金が!』,『もっと良い車が!』,『あいつよりもできるように思われたい!』などと,本気で思っていました。しかも無意識だったんです。無意識のうちに,そんな非現実的な価値観で縛られていたのです。大きな挫折をして当たり前ですね。でも,これらの3つのことを知り,実践できるようになったおかげで人として成長したような気がします。今は,それが嬉しいです。もしかしたら,あなたを苦しめているものが,私と同じように,『無意識の価値観』かも知れません。それに気付くことは,社会復帰への第一歩です。休職を機会に,是非,自分を見つめ直してみて下さい。